インプラント症例|前歯を失った場合
症例|ブリッジをやめて、インプラントに変えたい
40代 男性

【患者様のご希望】ブリッジをやめてインプラントに変えたい
【治療部位】
以前、事故で歯をぶつけて歯が1本無くなり、ブリッジになってしまったという患者様の症例です。
ブリッジはしばらくすると合わなくなり、隙間が気になるので何回かやり直しの治療をされたそうです。
何度も治療をすることで支えている歯もだめになってしまう不安を感じられて、今回はインプラント治療を選択されました。

 
 

s_kan_sy2_180.jpg

支えている歯は何度も治療して太い土台が入っています。
ブリッジの期間がある程度長かったので、歯がないところの骨は非常に状態が良いのがわかります。
s_kan_sy3.jpg

実際インプラントを埋入するときも骨が硬くしっかりしていました。
理想的な位置にインプラントを入れることができました。

s_kan_sy4.jpg

ブラッシングも熱心に行っていただいたので歯ぐきの状態も非常によかったです。

s_kan_sy.5.jpg

インプラントのアバットメント(土台の部分)を装着した写真です。この上にセラミックスの歯を被せます。

話をしているときの空気の抜ける感じもなく、患者様は満足されています。
今は、天然の歯のように、フロス(糸ようじ)を使用してケアをされています。

インプラント治療でご自身の歯(ブリッジの土台となっていた歯)の寿命が延びた典型的な症例でしょう。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.