セラミック症例|ブリッジ
症例|前歯はセラミックにしてほしい
60代 女性

【患者様のご希望】 前歯の裏側の歯ぐきが腫れた。新しい歯はセラミックで治したい。
【治療部位】 右上21左上1

もともとブリッジが入っていました。ブリッジの適合が悪く、歯ぐき周囲の腫れが起こってしまっている状態でした。古い保険のブリッジを除去し適合のよい物を新しくつくることで治療することとなりました。

 
 

h_miya10_2103_3.jpg

古い歯を取り外した状態です。土台となる歯がずれた位置にあるため最終的な仕上がりの状態に歯の重なりができてしまう歯の並びです。

h_miya10_2103_1.jpg

仮歯を入れた状態です。治療途中の状態でも前歯がないのは大変ですから、機能をする仮歯を入れています。仮歯でもある程度はきれいですが、プラスチックでできているため強度、耐久性に欠けます。あくまで仮です。

h_miya10_2103_2.jpg

裏から見た状態です。真ん中の歯がない箇所は腫れている歯ぐきにブラシが届きやすいように形を工夫してあります。最終的なかぶせ物の形をシュミレーションするのも仮歯の役割です。

h_miya10_2103_4.jpg

最終的な歯が入った写真です。隣の保険のかぶせ物に比べると透明感があり、歯が重なっているところも以前の歯と同じような状態を再現できたとのことで、患者様はとても満足されていました。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.