セラミック症例|セラミック冠
症例|保険の歯がかけて今度はセラミックで治す
50代 男性

【患者様のご希望】かけた前歯をきれいに治したい
【治療部位】上顎前歯 1|1 メタルボンドクラウン

かなり前に保険の範囲内で治した前歯が欠けてしまったとのことで来院。状況を確認すると根の先に膿も再発しており、外して再治療をすることになりました。
根の治療の後は何度もかぶせなおしをできる状態ではないことを説明し、患者さんと相談の上今回あ歯に優しいグラスファイバーの土台を入れ、その上にセラミックの歯で治すこととなりました。

 
 

h_miya7_MB1210_1.jpg

セラミックの歯(メタルボンドクラウン)を装着した状態です。真ん中2本が今回修復した歯です。

h_miya7_MB1210_2.jpg

両隣の歯は以前に保険の範囲のかぶせ物で治してある箇所です。表面のプラスチックが変色し、セラミックの歯のような色は出ていません。こちらも装着した当初は有る程度きれいだったと思われます。

h_miya7_MB1210_3.jpg

保険の範囲内のものはプラスチックが表面に貼り付けてあるので、裏面は金属になっています。
(黄色い矢印)
セラミックの歯はセラミック自体の強度があるので裏まで白い歯の色で作ることができます。
(緑色の矢印)
滅多に目立つことは無いと思いますが、表面からの透明感などは大きな違いがあります。
患者様も大変満足され、いずれは隣の歯もセラミックにやりかえるとのことでした。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.