セラミック症例|セラミック冠
症例|保険のくすんだ歯から綺麗なセラミックへ
40代 女性

【患者様のご希望】前歯をきれいにしたい
【治療部位】上顎前歯 21|12

保険の範囲内でも前歯は白い色のかぶせ物ができます。しかし、その材質は樹脂でできています。そのため年月が経過すると(1?2年)変色し周りの歯の色と合わなくなります。
今回は審美的なセラミックを用いた治療を選択されました。

 
 

h_naka7_all1203_1.jpg

患者様の訴えは数年前に他院で入れた差し歯(保険の硬質レジン前装冠)についてです。
1、色が変わってきてしまったこと
2、歯ぐきとの境目が黒くなってきたこと
3、裏面の金属が見える気がして気になる
_
という3つの不満がありました。

(写真は保険の歯を裏から見たところです)

h_naka7_all1203_2.jpg

かぶせ物をやり直すことになり、材質について患者様とよく話し合った結果、上記の3つを長期にわたって克服できるオールセラミッククラウンで修復することになりました。
_
(写真は保険の歯の表のものです。色がくすんで透明感がありません。歯と歯ぐきの境目も黒く見えます)

h_naka7_all1203_3.jpg

かぶせてある歯だけでなく、自分の歯も全体的に白くしたいという希望もお持ちだったので、まずは歯のホワイトニングを行いました。また、歯ぐきの縁を綺麗に保つため歯周病の治療も平行して行いました。
_
(写真は新しく入れたオールセラミッククラウンの裏側です。金属を一切使っていないので、裏面にいたるまで審美的です)

h_naka7_all1203_4.jpg

歯ぐきの炎症が改善してきたのを見計らって古いかぶせ物を外し本歯とほぼ同じ形に作った仮歯を装着し、さらに歯ぐきの状態を安定させました。また、その時点で歯の形大きさなども患者様のご希望に沿う形で修正を行いました。
その後、それぞれのステップで1回1回チェックをして進めて、最終的に綺麗にな歯が入りました。患者様も大変満足されています。
_
(写真は入れた歯の正面のものです。歯ぐきの縁もとても自然で自分の歯のようです)

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.