インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|失った箇所だけ取り戻す(周りの歯を削らない)
50代 女性

【患者様のご希望】右下の歯が噛むと痛い。インプラントで治したい
【治療部位】右下4部インプラント

右下の歯が噛むと痛いと言って来院された方です。
レントゲン写真で拝見すると右下の4番の歯の周りが黒く骨が溶けてしまっていました。
この歯は残念ながら持たないと判断し患者様と相談の上抜歯となりました。

 
 

h_naka2_iP1028_1.jpg

抜歯となった歯の二つ後ろの歯もこれまでに抜歯をしてあり、ブリッジと言われる橋渡しの治療がされています。このブリッジの支えとなる歯が今回抜歯をした隣の歯なのです。今回抜歯をした箇所の治療法は
?取り外しの入れ歯
?隣の歯を削るブリッジ
?インプラント治療
とありますが、?の選択をするとさらに後ろのブリッジもすべて外して大きな治療となり、お口の中の環境を大幅に変化させてしまい寿命を縮める可能性がありました。

h_naka2_iP1028_2.jpg

患者様と相談の結果、抜歯した箇所だけで治療をとどめられ、他の歯の寿命を縮めることのないインプラント治療をすることになりました。
(画像は鏡を使って撮影しています)

h_naka2_iP1028_3.jpg

インプラントが入ったレントゲン画像です。
失った歯の箇所だけで治療をとどめられ、前のきれいな歯、後ろのブリッジを外さずにすみました。
ブリッジもコンディションがいいのでこの後も長くつかえていけるとおもわれます。
_
_
_
《患者様のコメント》
治療内容や金額なども詳しく説明を受けて安心して治療に望めました。どんな風になるか、失敗したらなど、不安もありましたが、よく噛めるようになって治療を受けてよかったです。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.