インプラント症例|前歯を失った場合
症例|前歯の審美的インプラント
20代 女性

【患者様のご希望】以前に治療した前歯が腫れて痛い
【治療部位】右上2(前歯)
他院で治療した前歯の歯茎が腫れて痛いということで来院されました。診査の結果根の先に大きな膿の袋ができてしまっている状態でした。

 
 

h_naka1_1020_1.jpg

できるだけ歯を抜かずに残すようにしましたが、残念ながら症状は治りきらずに抜歯となってしまいました。両隣の歯を削らずに、失った歯だけを取り戻すインプラント治療に興味を持たれ、話し合いの結果インプラントで治すこととなりました。
写真はインプラント手術の2回目が終わったところです。歯ぐきからヒーリングアバットメントと呼ばれる金属が出ています。前歯ですので、もちろんこの後、仮歯を装着し見た目の回復を図ります。

h_naka1_1020_2.jpg

インプラントの土台が装着されたところです。ここまでくると普通の歯を削っている状態に近くなります。歯ぐきと接する箇所が白くなっていますが、これはインプラントの金属の縁が見えないようにセラミックの縁になっています。こうすることにより、将来歯ぐきがやせて下がってきたとしても審美的な状態を長く保てるようになるのです。仕上がりの美しさは、長い期間維持できた方がいいですよね。

h_naka1_1020_3.jpg

完成した状態です。インプラントの歯もご自分の歯も区別がつかないくらいになっています。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.