インプラント症例|前歯を失った場合
症例|長野から通っていただきました。
30代 男性

【患者様のご希望】これ以上、残ってる歯に負担をかけたくない。
【治療部位】前歯インプラント三本。

とても遠くからわざわざ通っていただいた患者様です。
ご希望は前歯のブリッジの部分をインプラントにして、これ以上残ってる歯に負担をかけたく無いとの事でした。
実際に診査してみると、ブリッジの土台となってる歯が少し揺れてる状況でした。
レントゲンで検査すると根が短く、ブリッジの力を負担するには条件が悪い歯でした。

遠くからの通院になりますが、しっかり通えるかをご相談しました。
患者様は通えるとの事でしたが、出来る限り通院回数の負担を減らすために1回の治療を3?4時間位取らせていただき、インプラント治療だけでなく歯周病や虫歯治療もすべて行いました。

その後、しっかり通っていただきインプラント治療も終わり、先日の定期検診では揺れていた歯も
負担が減り、今では揺れずにしっかり咬める状態でした。

 
 

y_i_asa2.jpgy_i_asa3.jpg 【患者様の治療感想】
歯科医院には、15年位前に前歯を2本差し歯にしたのですがその時の歯科医はあまり腕が良いとは言えず、自分も歯の知識が無知であった為に、大切な歯を削られてブリッジにして良い歯も抜かれた所がありました。
それからずっと歯科に通って、結局悪化の一途となってしまいました。さすがにもう何とかならないかとインターネットを見ていたら、こちらのクリニックを発見し、友人の結婚式が会ったので話だけでもと思い受診しました。興味のあったインプラント治療について何度も聞いて、こちらで治療したいと思いました。
だんだんと自分の歯が健康になって行くのが嬉しかったです。
院長先生をはじめ、スタッフの方々の親切・丁寧な対応がとても嬉しかったです。
遠くまで通って良かったです。
本当にありがとうございました。またこれからも宜しくお願いします。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.