インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|定期健診で気付いたこととは?
30代 男性

【患者様のご希望】昔に抜いた所を治療したい
【治療部位】左下の奥歯
患者さんは当初、定期健診とクリーニングが目的で来院されました。
健診の結果、左下の奥歯が欠損しており、かみ合わせの相手方である左上の奥歯が延びてきていました。
このままでは、
左のかみ合わせの負担がかかり、将来的に他の歯に影響を与える可能性があること。
延びてきた左上の奥歯は、抜歯する可能性があること。
・・・をご説明させていただいたところ、これらの問題点を左下のインプラント治療で解決していくことになりました。

 
 

y_aka_o2.jpg左下、インプラント治療後の写真です。(鏡越しに撮影しているため反対に写っています。)患者さんは、歯磨きもしっかりと出来ていらっしゃるため、歯茎の状態も良好です。y_aka_o3.jpg左上の写真です。(これも鏡越しのため反対に写っています。)延びてきた左上の歯は、かみ合わせの高さを整え、かみ合わせの力に優しいゴールドで治療を行いました。y_aka_o4.jpgレントゲン写真でも、インプラント治療により左のかみ合わせが回復したことが確認できます。もちろん、インプラントの部分の適合も良好です。
患者さんも、左で咬むことに違和感が無いとのことで、担当医も嬉しく思います。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.