インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|かみあわせの負担により歯を失ったところへのインプラント
30代 男性

【患者様のご希望】左下の奥のグラグラを治したい
【治療部位】左下奥のインプラント
鏡越しのため左右反転写真。左下奥歯が痛いとのことで来院されました。歯の周りの歯茎は腫れており歯もぐらぐら揺れていました。レントゲン写真を撮ると左下6の根の周りの骨が吸収を起こしていました。左上5の歯の周りの骨も吸収していることから、二つの歯の強いぶつかりあったことが原因であることがわかりました。治療方針の相談の中で患者様は下の歯は抜いてインプラント治療をご希望されましたが上の歯に関しては痛みがないため様子を見たいとのことで、下の歯のみのインプラント治療をおこなうこととなりました。

 
 

s_ishi_se200930_2.jpg

初診時のレントゲン写真。右下奥の歯の骨の吸収がみられます。根の周りが大きく溶けているため歯を残すことは今後隣の歯へ悪い影響を及ぼすことをご説明し歯を抜き、インプラント治療をすることになりました。実際に歯を抜いてみるとレントゲンで感じた以上にに骨の吸収が進んでいたため、1ヵ月半後に骨を足す治療(GBR)をおこないました。

s_ishi_se200930_3.jpg

骨を足す手術(GBR)をおこなった後3ヶ月後、1回目のインプラント手術をおこなった後のレントゲン写真。骨はしっかりとできておりしっかりとした位置にインプラントを埋入することができました。GBR(骨を足す手術)をおこなうことで骨に十分な厚さを作り、より安全なインプラント治療をすることができます。

s_ishi_se200930_4.jpg

鏡越しのため左右反転。2回目のインプラント手術後の口腔内写真。
インプラント治療と並行し、全体の歯周病治療を進めていきました。歯ブラシのおかげで周りの歯茎も引き締まり上の骨が吸収している歯の状態もとりあえず安定しています。

s_ishi_se200930_5.jpg

鏡越しのため左右反転。かぶせ物装着時。口腔内写真。前後の歯と調和したかぶせ物を装着することができました。もともとかみ合わせが原因で歯を失ってしまったことから今後注意深く経過観察をしていかないといけません。患者様は最初は慣れていないことから噛むことに抵抗があったそうですが、いまでは気にせず噛むことができるとのことです。

s_ishi_se200930_6.jpg

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.