インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|左右の下顎奥歯の歯周病→インプラント治療3本
40代  男性

【患者様のご希望】奥歯が頻繁に腫れる事が一番のお悩みで、もう腫れないようにしたいと言うのがご希望でした。
【治療部位】右下奥歯1ヶ所と左下奥歯2ヶ所のインプラント治療

実際にお口の中を拝見させていただくたと、下の奥歯が根の先まで歯周病で膿んでしまってる状況でした。
下顎には大きな神経が骨の中にあり、膿が神経に感染する恐れがあるため患者様とのお話の上で抜歯をおこないました。
その後の治療は患者様が、入れ歯の取り外しが嫌で他の歯に負担がかからない治療でやって欲しいとの事でインプラント治療を行いました。
ただ今回のケースの場合は、歯周病で骨がかなり溶けてしまっていたので、そのままインプラントをする事が出来ませんでした。
理由は、インプラントにより神経を傷つけてしまう可能性があった為です。
そこで、私達は骨を増やす治療をしっかりと行い。その上でインプラント治療を行いました。
患者様の協力もあり、しっかりとした骨ができあがり、その後良好なインプラント治療ができました。
今では、天然の歯と同じように左右両奥歯でしっかりとお食事がとれております

 
 

y_i_sa2.jpg骨を増やす治療の後に、右下1本・左下2本のインプラント治療を行いました。
その為、神経も傷つけることなく安全で、そして長期的なもちも良いインプラント治療が行えました。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.